自転車通勤日報~大阪版~
自転車トレと自転車通勤の詳細記録とウダ話 他、料理レシピ&愛犬観察記などなど、煩悩と物欲の日々をお届け中です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自転車を知らない人に読んで欲しい事…
1988年ソウルオリンピック、男子100mで世界記録を出して優勝した、ベン・ジョンソンが、ドーピングにより失格、金メダルを剥奪されました。
僕がドーピングというものを知ったのは、それが最初です。

中学生だった当時、何故かカール・ルイスを応援していたので、子供らしく素直に(?)喜んでいた事を覚えています。

その後もドーピング事件は途切れる事なく、記憶に新しいところでは、2004年アテネオリンピックのハンマー投げで、アドリアン・アヌシュが失格となり、室伏広治選手が、繰り上がりで金メダルを獲得…なんて事もありました。


自転車ロードレース界もまた、様々なドーピング禍により、多くの衝撃を与えてきました。

先月、リバティ・セグロスというチームの監督、マノロ・サイスが、スペイン当局に医師と共にドーピング絡みの容疑で逮捕され、チームスポンサーのリバティ・セグロスが撤退という、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

そして、この医師が持つ“顧客リスト”には、200人とも言われる多数の選手名が掲載されている…と、スペインのメディアでは報道されていたそうです。

明日から始まる、世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」。
ロードレースファンの僕は「スタートまであと何日…」と、指折り数えて楽しみにしていました。

ただ心の中では、その“顧客リスト”に載っていると噂される、愛して止まない有力選手が、どうぞ噂だけであって欲しい…と願いながら。

そして今日、そのリストに載っていた選手名が公表されました。
悪い予感は的中し、その愛して止まない有力選手や、その有力ライバルの名も入っていたそうです。

このニュースは、一般の通信社からも打電されています。
ひょっとしたら、今夜のスポーツニュースでも、短く伝えられるかもしれません。

自転車ファンでは無い人にとって、どうって事の無い、明日には忘れているニュースかもしれません。
ひょっとしたら「自転車レースってダーティーやなあ…」なんて印象を与えてしまうかもしれません。

それだけに知っておいて頂きたいのが、
今回名前の出た選手は、誰一人クロでは無いって事です。
誰もまだ、検査で陽性反応が出た訳ではありません。
リストがどのような経緯で作られたのか…ひょっとしたら、誰かが誰かを陥れる為に、作ったものかもしれません…。

1人のファンとして、決定的な証拠が出るまでは、選手を信じ続けたいと思います。

長文、最後までお読み頂き、ありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nm0001.blog47.fc2.com/tb.php/594-4aec5f27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。